勉強がダルい時の対処法

「勉強するのがダルイ」「今日は集中できない。」

そういう風に言ってくる子がいます。

勉強がダルイ時どうすればいいのか。

以下のことに気を付けて下さい。

1勉強はダルくてもやるもの

まずやってはいけないのが、ダルくなくしてから勉強しようとすることです。

そうするとなかなか勉強できません。

勉強しようとすると、90%、だるいです。

10%ぐらいの時、やる気に満ち溢れ勉強がはかどります。

その10%の感覚を望んでいると、ほとんど勉強ができません。

ですので、気分がどうであれやって下さい。

わたしもブログを書くのはダルいですが、

毎日書くと決めているので、頑張って書きます。

書いてるうちにスイッチが入ってきます。

いや、スイッチが入らなくても書きます。

2ダルくとも継続するためには


ダルくてもやれ!

ではいまいちアドバイスになっていないので、

ダルいことを継続するコツを書きます。


それはいつやるかです

「今でしょ」ではありません。

今でない時があります。

勉強できるかできないかというのは、

勉強 対 ○○の時間

という法則で決まります。

例えば家に帰ってきて勉強する場合、

それは勉強対テレビ、スマホになります。

相手はかなり手強いです、
よっぽど気合を入れないとできません。

例えば、
私も今英語の勉強のために
ネイティブキャンプというオンライン英会話をやっています。

しかし、仕事から疲れて帰ってきて、
知らない外国人と話すのはなかなかきついです。

なぜならば、仕事から帰ってきた時間というのは、
テレビでプロ野球または子供と遊ぶ 対 オンライン英会話
だからです。

なかなか勝てません。

ですので、会員にはなっているものの1ヶ月やらずということもよくありました。

ですので、相手が弱い時間を狙いました。

仕事から帰る車の中でやってしまうにしました。

運転しながらです。

すると、どうでしょう効果抜群で、今3ヶ月ほど連続でできています。

なので、ダルいことを継続するには、
いつやるかを工夫しましょう。

学校の休み時間、
登下校中に単語を覚えるなど、
工夫してみてください。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

最強のストレス解消法

いやー、最近嫌なことが多くて大変です。

どの塾もそうだと思いますが,
この時期とても忙しい。

まず夏期講習のテキスト作成。
そしてさらに大変なのが夏期講習の募集。
学校ではないので、
待っていても生徒は来ません。

失敗すると、サラリーマンですので、
上司に怒られます。
はっきり言ってめちゃめちゃムカつきます。

そして一番嫌なのが辞めていく生徒もいます。

そんなこんなで、胃が痛い毎日です。

そういう時には私なりのストレス解消法があります。


それは

感謝することです。

メチャメチャ月並みですが・・・


しかし私的には物凄い効果があります。

これさえやっておけば人生楽勝の感さえあります。


昔読んだ本に書いてあったのですが、
感謝をすると脳の幸せ物質である
エンドルフィンが出るそうです。


イエス・キリスト
「人は自分が思っている通りのものになる。それ以外のものになることはない」
と言っています。

人生が素晴らしい、と思っている人の人生は素晴らしいし、
最悪だと思っている人の人生は最悪だということです。

ようはプラス思考さえできれば、
幸せな人生が歩めそうです。

そこで一番有効な手段が感謝だと思います。


さっき上げた嫌なことに感謝すると、
テキストを作成することによって自分のスキルが相当上がって感謝しかありません。

上司に怒られたり、辞めていく生徒がいることで、
自分の指導を振り返ることができ、
これによってさらに満足が行くサービスが提供できるようになり、自分の人生にとって相当のプラスです。
感謝しかありません。

感謝していると、
自分の人生は何て素晴らしいいんだと思えてきます。

ストレスなど全くありません。

まーもちろん、それでも腹は立つことはあるし、
そんなに簡単にいかないこともありますが、

ただ、自分なりにこれはすごい効果を感じますので

皆さんも試してみてください。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

やる気を失った子へのアプローチ

現在中間テストが終わり、
テストが返ってきています。

特に1年生は初めてのテストだったので、
テストの結果によって、
一気にやる気が無くなってしまっている子が出ます。

何も手を打たないと、
中学に入った新鮮な気持ちもなくなり、
勉強への期待も失い、
一気に転げ落ちていきます。


そういった生徒への指導法として、
過去に読んだ本が役に立っています。


心理学者である、ピアーズ・スティー
という人が書いた
「人はなぜ先延ばしをしてしまうのか」
という本を参考に指導しています。

勉強がおっくうになったところから、
いかにやる気を出していくかということです。

ピアーズさんが言うには、

人が先延ばしをせずに、
やる気を持って物事にのぞむのはどういう時かというと



1ご褒美が得られる確実性が高い
2ご褒美が大きい
3ご褒美を得るまでにかかる時間が短い

だそうです。



1ご褒美が得られる確実性が高い

自信家はやる気が出やすいそうです。
なぜなら、

ご褒美が得られる確実性が高いと思っているからです。

しかし、
テストで悪い点を取ってしまっている生徒は自信を失っています。

ですので、
自信を回復してあげる必要があります。

そのためには、
目標を小さく分けてあげ達成感を味あわせてあげる必要があります。



2ご褒美が大きい

行動させるには、
行動を起こすことの価値を大きくする必要があります。

勉強で言うと、
勉強ができるとどんな良いことがあるというのをしっかり意識させるということです。

これなかなか難しいです。

とりあえず簡単にやる方法としては、
何か達成した後にちょっとしたご褒美を用意しておくなどが挙げられています。

別にものではなくとも、
しっかりほめてあげることが重要です。


3ご褒美を得るまでにかかる時間が短い

小学校と違い、
長い期間勉強し
テスト範囲が広いというスタイルになります。
先が見えないので努力が続きません。

ですので、
範囲を短く区切ってあげやるということが重要になります。

例えば歴史であれば、
江戸時代を一気にテストするのではなく、
江戸を細かく区切ってあげる。

それができたら褒めていく
というようなアプローチが必要になります。

まとめると、
成績不振で困っている子ほど、
ゴールを短く設定し、
その都度しっかり褒めていく。

ほとんどの子が、
しっかりこのプロセスを踏んでやれば、
自信も取り戻し、
徐々にやる気が出てきます。

是非試してみてください。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

勉強を「ゲーム化」する。

塾講師を約20年やっています。
長くやっていると、どうすればやる気になったり、
成績が上がるのかが、少なからず分かってきます。
それをシェアさせていただき、
これを読んだ方の
助けに少しでもなればと思っています。


勉強には努力が必要ですが、
その努力を長続きさせるために、
出来るだけ楽しくやりましょう。


楽しくやるために、
脳科学者の中野信子氏は「努力をゲーム化する」ことをすすめています。

彼女が言っている「努力をゲーム化する」やり方は

大きく分けて2つです。

1 成長が分かるようにする。


中野氏が言うには、
最も手軽で簡単な方法は、

「記録すること」

だそうです。

例えば、
今日何時間勉強したかを記録しておく、
計算問題にどれだけかかったかを記録する。
(データに落とし込んでグラフ等で)
などです。

これだけで努力する事が楽しくなるそうです。

確かに、
みんなが熱中する
ロールプレイングゲームでは、
主人公の成長が見に見えて分かるように、
数値化されています。

敵を倒しても、経験値が上がらなければ、
楽しくありません。

とにかく自分の努力の量を
見えるようにしておくと、
努力が楽しくなるかもしれません。

2 競う

中野氏は、
同じ目標を持つ仲と一緒に頑張ることを進めています。

これは説明する必要もないと思います。

私も授業をしていますが、
「この問題を出来た人は手を挙げて」

できた人から順位をつけていくと
とたんに子供の目が輝きます。

人と競い合う事によってゲーム性が上がります

恥ずかしいかもしれませんが、
テストの点数を友達と言い合ったり、
勉強時間を競ったりしてみましょう。

また計算のスピードを競い合ったり

ソーシャルゲーム感覚で仲間と競い合うことで、努力が継続しやすくなります。



出来るだけ勉強を楽しくし、
努力を長続きさせるために
「ゲーム化」を
意識してみましょう。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

高校入試英語は○○だけやればOK!

塾講師を約20年やっています。

長くやっていると、どうすればやる気になったり、成績が上がるのかが、少なからず分かってきます。

それをシェアさせていただき、
これを読んだ方の
助けに少しでもなればと思っています。

タイトルの○○の答えは、

長文です。

私は東海圏の予備校で働いてますが、
例えば昨年の岐阜県の長文問題は、
646語、愛知県は421語です。

これは中学生にとって非常に多いです。

例えば、普段読んでいる教科書の1つの長文が50語ぐらいになります。

ですので、
受験生にとって、いかに入試の長文が長いか分かります。

そして、だいたいどこの県もこの長文だけではなく
200語程度の対話分もあります

英文を「読む」力がメチャクチャ必要になります。

しかし、ふだん学校では、50語程度の教科書本文を
1時間かけてゆっくり解説していきます。

しかし、実際の入試になると、
その倍もの量の文を50分程で読み、
その他の問題も答えなければなりません。

いかに、普段の勉強と入試がフィットしていないかが分かります。

また、問題集をやると、
文法問題ばかりが並んでいます。

実際の入試は長文なのに、
文法問題ばっかやらされる。

なぜかわかりますか?

それは長文問題を作るのが大変だからです。

私もテキストや問題集を作りますが、
長文を1から作るとなると、
ものすごい労力を使います。

そして最終的にはネイティブスピーカーにチェックしてもらう必要があり、
費用もかさみます。

ですので、ほとんどの問題集は文法練習中心です。

ちまたで、入試にでる!!
とうたっているとのも、ただの文法問題集です。

ですので、普通に勉強すると、入試に対応する力はつきません。

ですので
皆さんは、
高校入試に向けて、
長文を読みまくって下さい。


ライバルにメチャメチャ差をつけることが出来ます!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

英語5点の不登校の子が見違えるほど出来るようになった勉強法

結論から書くと、

中1の教科書から和訳させていった

です。

英語が苦手な子に対してこの方法は、
マジで効果的です。


彼女は、中3の1学期に入塾しました。

英語の点数を聞くと、5点でした。

2年の途中から学校に行っておらず、不登校

とりあえず、テストだけは受けるが、
できるはずもない
という状況でした。

塾に来ると環境が変わったせいもあり、
勉強し始めました。

しかし、それも長くは続かぬ、
しばらくすると、
授業には出席するものの
ボーッとしているだけ。

このままの自分ではダメだという思いはあるようで、
時おり物凄い勢いで勉強する。

しかし長続きしない
というのを繰り返していました。

私自身私自身どうしたものかと悩み、いろんな方法を試しました。

文法1年生から復習してみたり、
単語を覚えようとしたりさせました。

ただそれもすぐに挫折。

色んな方法を試し、
どれも効果がないので
とりあえず
教科書を中1から和訳させたところ、

彼女の目が輝き、

そこから見違えるように良くなりました。

それをきっかけとしてどんどん成績伸ばしてきました。


なぜこの勉強法がよかったのか

理由1:3年生にとって1年生の初めの部分はスラスラできる。

いつも勉強を始めても直ぐにつまずく彼女にとってスラスラ出来るということは快感だったでしょう。

勉強をやる気になりました。


理由2:どこでつまずいているのかが明確になる。

教科書の本文を訳していくと、
途中で出来なくなるところに出くわします。

それがつまずいている部分です。

とりあえず問題集をやらせても何処がつまずいているか分かりません。

つまずいている所をみつけたら、そこは訳を書いてやるなりして教え込む。

そうすると、無理なくレベルが上がっていきます。


理由3:重要な単語から覚えられる

単語帳で単語を覚えることのデメリットは、
どの単語が重要なのか分かりにくいことです。

しかし、本文を訳していくと
重要な単語は繰り返しでて来ます。

例えば、教科書本文に
comeは繰り返し出てきますが、
Ferris wheel(観覧車)は1回しか出できません。

単語帳では同じ1回です。

ということで重要な単語から覚えられていきます。

また文の中で覚えた方が、
単語の使い方が身につきます。



事実彼女はこの勉強法により、

勉強法と言っても教科書を訳しただけですが、

5点から60~70点はとれるようになりました。


塾講師から見ても、

巷にはいろんな参考書が溢れていますが、

教科書はその中で製作にかけている時間が段違いだと思います。

英語でつまずいている子は、
是非試して見てください。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

この時期必ずやって欲しいこと

この時期必ずやって欲しいこと。

それは 
志望校は必ず早いうちに決めてほしい。

受験とはある意味成功体験失敗体験を積むために行うもので、
決めないということは、
何も得るものがない。

2年前にある生徒がいた。
この子はなかなか志望校が決まらず、
ズルズル行き、とりあえず学校の先生が言ってきた自分が行けそうな高校に入った。

しかし、彼女の中にはには、
もっと上の高校に行けたんじゃないのか
という気持ちが常にあった。

その高校で何か嫌な事があるたびに、
入試で頑張らなかったことを後悔し、
そして最終的に、
この子はその高校を辞めてしまった。

頑張って入った高校であればこんなことにならなかっただろうし、
受験に失敗しての高校であっても後悔はない。

頑張ったんだけど、志望校に届かなかった子達は、
高校に入って頑張る子が多い。

高校入試というのは、
この先の人生を生きていく上で、
貴重な成功体験、失敗体験。

志望校を決めずに走り出しては、
失敗体験も成功体験も積めない、

まずは必ず志望校を決めよう。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村